メニュー

ホーム > お知らせ > ペットの火葬までのご遺体保管方法

ペットの火葬までのご遺体保管方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年7月25日

夏の季節は火葬までのご遺体の保管方法が大変な場合がございます。

棺(箱)があればそれにご遺体を納めていただき、ドライアイスが手に入るのであれば

ご用意下さい。

ドライアイスは箱やご遺体の大きさにもよりますが小型犬や猫であれば2kg位、

大型であれば3kg~5kgほどで2日位は保冷できます。

ドライアイスが手に入らない場合は食品用保冷剤や板氷などをタオル等に包んで

お腹の辺りに入れてください。

箱(棺)がない場合は保冷剤をあてがってからタオルケットの様な大き目の布でご遺体を

くるんで保管してください。

【棺やドライアイスが必要な場合はこちらでもご用意できますのでお知らせ下さい】

※棺やドライアイスはサイズや量で料金かわります。

※日曜日はドライアイスが入手できません。

※長期の保管の場合はご相談下さい。

!

ページの先頭へ戻る