メニュー

ホーム > オーナーブログ

オーナーブログ

年末寒波到来です。

年末寒波到来です。 屋外で飼われているワンちゃんにとっては厳しい季節です。 低温の日はなるべく屋内に入れてあげたほうがきっとワンちゃんも嬉しいはずです。 人も動物も健康に気をつけましょう。 2013年12月27日 ...

続きを見る

ペットの火葬まで日数がかかる場合はご相談ください。

愛するペットが亡くなってしまったが、火葬が出来る日までスケジュールの都合が付かず 遺体の長期保存はどうすれば良いですか? このようなご相談を受けることがあります。 やはり火葬まで日数がかかる場合は、できるだけ保温性のある箱や棺があれば その箱に納めてドライアイスや保冷剤を入れて低温の環境にしてください。 (長期の場合はドライアイスを定期的に入れてください) ペットメモリア...

続きを見る

ペット葬儀をする意味(動物供養協議会HPより)

ペット葬儀をする意味  もしペットが亡くなったら、必ず『お葬式』をしてください。但し、ここで言うお葬式は『火葬』とは違います。葬儀とはお釈迦様が説かれたお話(お経)を、僧侶が亡き者に言って聞かせる行為を意味します。 葬儀とは そもそも葬儀とは、大切にしていた家族(人・動物等)が亡くなったときに弔う大切な宗教儀式を言います。 現在一般的に勤められている「お葬式」は、この葬...

続きを見る

ペット供養の真髄を行く田中住職

お寺の役割 インターネット社会の構築とともに、お寺も変わりました。ホームページを立ち上げて、縷々様々な情報を発信するお寺も増えてきています。 お寺を探す人、求める人が居て、それに叶う情報を発信するお寺があって、人がお寺に行く(参る)集う、もっともっと活性化されて欲しいです。 今から2500年前のインドに於いて、お釈迦様が仏教を開かれました。 沢山のお弟子を連れて広大な...

続きを見る

ペット供養・ペット納骨・ペット葬儀・ペット霊園

  ペット供養・ペット火葬・ペット葬儀・ペット霊園ののぼりを立てました。 お越しの際は事務所脇ののぼりを目印にしてください。 3月23日はペットの春彼岸供養会がございます。 お気軽にお越し下さい。   2013年3月15日 ...

続きを見る

動物供養協議会のブログ

私が所属いたしております動物供養協議会のブログです。 動物供養協議会に所属のお寺の住職が書いております。 http://pet-7676.sblo.jp/ 2013年1月31日 ...

続きを見る

お寺にての出来事(ペット葬儀にて)

先日お寺にてペット葬儀の最中に、たまたま私がホームページ作製等でお世話になっている業者さんと偶然お会いいたしました。 業者さんは仕事でお寺に来ていたわけですが、初めてペット葬儀の場を体験されたそうです。 ご葬儀に来られた飼い主様とご住職を交え、お話もされたようですが 「ペットが亡くなるとずいぶん悲しみが深いものなのですね」と改めて感じたようでした。 私も毎日そのような場面...

続きを見る

お手紙ありがとうございました。

先日猫の火葬のご依頼(一任火葬)があり火葬させていただきました。 その後、依頼者様より感謝のお手紙をいただきこちらとしても感謝の気持ちでいっぱいです。 弊社では一任火葬の際は、ご希望があれば火葬後のお骨(骨壷)を祭壇に安置して お写真を撮り後日、お届けをさせていただいております。         ...

続きを見る

神奈川県内全域からペット火葬・ご葬儀・ご供養にこられます。

お寺でペットのご葬儀やペット火葬・ご供養などと言いますと、なんとなく暗く近寄りがたいイメージを持たれる方も多くいらっしゃると思います。 弊社はこれからの湘南地域のペット斎場として、お寺様と協力しながら少しでも皆様の 心が癒されるようなペット葬儀ができる様に努めてまいります。 最近では神奈川県内のみならず東京や静岡からもペット火葬・ペットご葬儀・ペットご供養に多くの方がこら...

続きを見る

湘南地域のペット斎場として

(湘南地域のペット斎場として) ペット火葬には、大きく分けて固定炉(建物の中に据え付けたタイプ)と 移動火葬炉(車に乗せたタイプ)の2つのパターンがあります。 現在、弊社では2tトラックに火葬炉を載せたタイプ(移動炉)でペット火葬を行なっております。 しかし、実際に弊社では出張で(移動先)火葬を行なう方は5%ほどで、ほとんどの 施主様はお寺(蓮昭寺)までお越しになられます...

続きを見る

3 / 41234

ページの先頭へ戻る