ペット葬儀においてSDGsを意識した取り組み

ペット葬儀においてSDGsを意識することは、環境に配慮した取り組みを行うことにつながります。以下に、の例をいくつか紹介します。

1.カーボンオフセット
ペット葬儀においては、葬儀に必要な車両やエネルギーの使用による二酸化炭素の排出が発生します。そのため、葬儀に必要な二酸化炭素の排出量に見合うだけの二酸化炭素を削減するための投資を行い、カーボンオフセットを実施することができます。

2.エコロジカルアップ
ペット葬儀においては、ペットの遺体を納める棺や骨壺、供花などが必要となります。これらのアイテムを自然素材で作り、循環型社会を目指すことができます。

3.
リサイクル
ペット葬儀においては、ペットの遺体を納める骨壺や供花などが不要になる場合があります。その場合、リサイクルやリユースを行うことで、廃棄物の削減につながります。

4.
プラスチック削減
ペット葬儀においては、ペットの遺体を納める袋や棺にプラスチックが使用される場合があります。これらのプラスチックを削減するために、代替品として紙製品や生分解性の材料を使用することができます。

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • 簡単料金計算フォーム