ペットの供養に位牌は必要?位牌があるメリットや位牌の種類について解説

ペットの供養に位牌は必要?位牌があるメリットや位牌の種類について解説

亡くなったペットを供養するにはさまざまな方法がありますが、自宅で供養する場合よりきちんとした形で供養したいと、最近では仏壇や祭壇とともに位牌をつくる方も増えてきました。位牌は霊を供養するための仏具で、位牌があれば思い立ったときに手を合わせられ、ペットの存在を偲べるでしょう。今回はペットの位牌についての必要性や位牌の種類などについて解説します。

ペットと位牌

ペットの位牌があれば、ペットに感謝できることに加えペットとの別れを受け入れて気持ちに区切りをつけるのに役立つでしょう。ペットの位牌はペットとの絆を永遠に残すために大切なものです。

位牌とは?

人間が亡くなると、仏教の場合多くの宗派ではお寺に依頼して戒名をつけてもらい、その後位牌に戒名を入れてもらい仏壇に置きます。位牌には亡くなった人の魂が宿るものとされているため、魂がお盆やお彼岸に戻ってこられるように位牌をつくり、手を合わせ、故人を思い供養するのです。

ペットの供養に位牌は必要?

ペットの場合は人間の場合とは異なり、絶対に位牌は必要というわけではありません。飼い主の方の考え方がそれぞれあり、供養の方法もそれぞれ違います。ただし、位牌があること自体が供養になる、位牌があった方が形あるもののため目に入り、その都度ペットのことを思い供養しやすいという考え方もあります。
また、大切なペットを亡くした悲しみによってペットロスになる方もいますが、大切なペットの魂が入っている位牌があることで魂がそばにいると感じられ、ペットロスを脱け出すきっかけとなるでしょう。

位牌がある場合、手を合わせる対象があるだけで心が落ち着き、手元に置いておけるという安心感が得られ喪失感や虚無感を埋められます。位牌に向かってペットが生きていたころのように感謝の気持ちを伝えれば、心が軽くなるのを実感できるでしょう。

戒名はつけられる?

前述したように人間の場合多くの宗派では戒名をつけます。戒名とは故人の新しい名前のことで、仏教を学び戒律を守る約束した証に与えられる名前です。ペットは人間のように修行することはないため戒名は必要ありません。ただ、飼い主が希望する場合はつけることは可能です。戒名をつけるには、ペット葬儀会社に依頼する方法と、自分(飼い主)がつける方法があります。ペット葬儀会社に相談すると、多くが戒名をつけてくれるお寺に依頼してくれるでしょう。自分でつける場合は自由につけられますが、ペットの名前や特徴などがわかるような戒名にするのが一般的です。

ペットの位牌の種類

大切なペットの魂が宿るといわれる位牌は、亡くなったペットが喜ぶようなものにしたいものです。また、部屋に設置するなら周りのインテリアと統一感のあるものを選ぶとよいでしょう。最近ではさまざまな種類のペット用位牌が販売されています。

木製

人間用のものと同じような位牌にしたい方には木製の位牌がおすすめです。黒檀や紫檀、白檀といった木材に漆などを塗ったもので、ペット用には小さいサイズの位牌が使われます。戒名がない場合は表面にペットの種類や名前、裏面に没年月日を入れるのが一般的な文字の入れ方です。

クリスタルガラス製

ずっしりとした重量感と高級感があるクリスタルガラス製の位牌は、写真が美しく印刷できまた色あせしにくいため現在ペット用の位牌としてもっとも人気があります。

アクリル製

木製やクリスタルガラスに比べ安価、また軽く扱いやすいメリットがありますが、高級感はありません。アクリル製の位牌を選ぶ場合はできる限り厚みがあり安定性があるものを選びましょう。

人気のクリスタルガラス製の位牌とは?

ペット位牌の材質として、もっとも人気のあるクリスタルガラス製の位牌にはどんな特徴があるのでしょうか。

クリスタルガラスとは?

クリスタルガラスは、クリスタルの名前が付いている通り水晶のように透明度が高く、また屈折率も高い高級なガラスのことです。透明感やダイヤのような輝きがあるためジュエリーや装飾品などに用いられるガラスとして知られています。一般的なガラスに比べ重みがあり、位牌に使用すると高級感が増します。

クリスタルガラスの位牌が人気の理由

クリスタルガラス製の位牌は置いてあるだけで見た目が美しく、またクリスタルガラスの特徴である重量感や高級感があります。また写真をカラーで美しく印刷、または刻印できるためフォトフレームとしても使用できることも人気の理由の一つです。つまり、クリスタルガラス製の位牌があれば位牌としての役割だけでなく、置物としてもまた遺影の役割も兼ねられるため、3つの面でメリットがあります。

印刷か彫刻かを選ぶ

はじめにペットの写真をカラーで印刷するのか、彫刻で入れるのかを決めましょう。カラー印刷は「UVカラー印刷」という方法で表面に写真や名前などを印刷し、彫刻では「2Dレーザー彫刻」という方法で細かい描写を彫刻します。「2Dレーザー彫刻」は内部に彫刻が可能で、文字やペットの姿を浮き上がらせるような表示ができるものです。カラーの写真にはない、上品な仕上げにできることからこちらも人気です。

まとめ

ペットの供養を自宅でする場合位牌を作る方が増えてきました。位牌は供養に絶対必要なものではありませんが、位牌があることによってペットを失った悲しみや喪失感といった気持ちを整理でき、きちんと供養できているという実感が湧くでしょう。

「合同会社ペットメモリアル」は、平塚市にあるペットの葬儀・火葬、供養施設です。これまで大切な家族として暮らしてくれたペットに感謝を伝えられるお別れができるよう、私たちがサポートいたします。私たちにできることは悲しみがやわらぎ、少しでも前を向いていけるような提案をしてご家族様を支えることです。困ったことがありましたらいつでもご相談ください。

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • 簡単料金計算フォーム