ペットの火葬前に知っておきたいこと4選!後悔しないためのポイントを解説

ペットの火葬前に知っておきたいこと4選!後悔しないためのポイントを解説

大切なペットが亡くなったら、昔は敷地内などに埋葬することがほとんどでした。しかし、現在はペットも火葬して弔うのが主流です。火葬をしたいと思っても、初めてのお別れなら分からないことも多く、戸惑ってしまうこともあるのではないでしょうか。本記事では、後悔のない見送りをするために、ペットの火葬前に知っておきたいポイントを4つに絞って解説します。

ペットの火葬方法は4種類

ペットの火葬方法は主に4種類あり、料金や時間帯などの希望に合わせて選べます。ここでは、4つの火葬の特徴について解説します。

自治体による合同火葬

ペット霊園でも合同火葬を行うものの、一番費用を抑えられるのが自治体です。合同火葬はほかのペットたちと一緒に火葬され、そのまま埋葬されるため遺骨が手元に残ることはなく、立ち合いもできません。自治体によっては、一般廃棄物と一緒に焼却されることもあるようです。合同火葬を依頼する際は自治体に問い合わせ、対応の仕方を確認しましょう。

個別火葬

ペット霊園・葬儀場で火葬してもらう方法で、個別火葬は立ち合いがありません。業者に引き取り・火葬・お骨上げを一任するため、「一任火葬」ともいいます。火葬後は自宅に返骨されるため、遺骨を残したいけど火葬に立ち会うのがつらいという人には個別火葬が向いています。

立会火葬

立会火葬もペット霊園や葬儀場で行われる方法です。しっかりとお別れをしたあと火葬にも立ち会い、お骨上げも家族で行います。人間の火葬と同じように、手厚い見送りをしたいという人に選ばれている方法です。火葬できる時間帯が決まっているため、業者と相談して予約する必要があります。

移動火葬(訪問火葬)

火葬炉を積んだ車が自宅まで出張し、火葬してくれるのが移動火葬です。訪問火葬とも呼ばれ、自宅の駐車場などで火葬できるものの、駐車場がない場合や人目が気になる立地の場合は、業者の判断で近隣の安全な場所で火葬されます。火葬車はニオイや煙が出にくいように配慮されており、近隣で行っても問題ありません。

また、個別火葬のため火葬後はお骨上げもでき、遺骨は手元に残ります。移動火葬は24時間365日対応している業者が多く、ペット霊園や葬儀場へ行く時間が取れない人や、車を持っていない人などに便利です。ただし、火葬できるペットのサイズに制限があることもあり、大型犬などを依頼する場合は事前に確認をしましょう。

ペットの火葬はいつ行うべきか

死後は内臓の腐敗が始まるため、いつまでも安置できるわけではありません。ペットの火葬は翌日~長くても3日以内には行いましょう。暑い時期は必ず冷房の効いた部屋に安置し、保冷材やドライアイスをお腹と頭の下に敷いて腐敗の時間を遅らせます。何らかの理由で3日以上火葬ができない場合は、ペット霊園や葬儀場にて冷凍保存をしてくれることもあります。

ペットを火葬する際に棺に入れてよいものとは

火葬前のお別れに、生前その子が好きだったものや感謝の気持ちを棺の中に入れたいと思う人も多いでしょう。しかし、遺骨をしっかりと焼却してきれいな状態で残すために、棺に入れられないものもあります。好きだったご飯やおやつ自体は問題ないものの、容器である缶やビニール袋といった金属・プラスチック類は黒煙が出たり、遺骨に影響があったりするため入れられないことがほとんどです。その場合は、ペットの口のそばにティッシュなどに包んで置いてあげましょう。

おもちゃや首輪、洋服などは入れられません。また、色の濃いお花は遺骨に色が移る可能性があり、たくさん入れることは避けるべきです。白や淡い色のお花を中心に用意しましょう。

ペットの火葬業者を選ぶには

ペットの火葬を行っている業者は多数あるものの、トラブルや後悔のないために優良な業者を選びたいものです。ここでは、信頼できる火葬業者を選ぶポイントを解説します。

評判を確認する

まずは業者のホームページや口コミサイトから、評判を確認しましょう。優良業者の多くは自社のホームページに利用者の感想を記載しています。料金や火葬の内容、スタッフの対応などが把握しやすくなり、選ぶ基準になります。

見積もりを出してもらえる

ホームページで分かりやすい料金体系を確認できることはもちろん、契約する前に正確な見積もりを出してくれることも重要です。見積書を提示しない業者はオプションやサービス料などと称して、最初の金額よりも高い料金を請求する可能性があるため注意しましょう。

スタッフの対応がよい

遺族の気持ちに寄り添い、丁寧な対応をしてくれるスタッフがいると安心して任せられます。スタッフの対応力は口コミだけを鵜呑みにせず、実際に自分で確認するのがおすすめです。電話やメールでの対応に、疑問や違和感を抱くような業者には任せない方が無難です。

まとめ

人間と同様に、ペットの死期が近いと分かった場合は事前に火葬について調べておくことも大切です。ペットが亡くなった直後は悲しさのあまり、火葬方法や業者の選び方などを詳しく考えられないこともあるからです。大切なお別れで後悔しないためにも、信頼できる業者に依頼し、納得のいく形で大切な家族を見送りましょう。

神奈川県平塚市の「合同会社ペットメモリアル」では、大切なペットのご葬儀・火葬・埋葬・法要を、心を込めてお手伝いいたします。隣接するお寺にて火葬や埋葬、法要を行っており、本堂で本格的なご葬儀も執り行います。春と秋の彼岸には合同動物供養祭もあり、他所で火葬されたペットも埋葬可能です。火葬の際は祭壇を用意し、お写真を飾って火葬が終わるまでお待ちいただけます。個別のペット墓地や仏壇、メモリアルグッズなども販売しております。安心してお見送りできるよう、誠心誠意ご対応させていただきますので、まずはお電話・メールでお問い合わせください。

2024年2月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
  • 簡単料金計算フォーム