ペットが亡くなったらどうすればいい?最期まで見送るための準備を紹介

ペットが亡くなったらどうすればいい?最期まで見送るための準備を紹介

ご自宅でペットを飼っている方であまり考えたくないのが、「亡くなった時」のことでしょう。しかし人間と同じく、いつかはお別れをする日が来ます。そうなった時に悲しさのあまりどうしたらいいのかわからないと、ペットの方も安心して旅立てません。

こちらの記事では、ペットが亡くなった時におこなうべきことを紹介しています。大切なペットを最期まで気持ちよく送り出せるよう、ぜひ最後までお付き合いください。

大切なペットが亡くなった時にまずおこなう5つのこと

長年一緒に暮らしてきた大切なペットが亡くなることは、とても耐えられるものではなく、何も手につかなくなるでしょう。しかし亡くなったあとにやるべきことは多く、遅くなるときれいに見送れなくなります。
以下の5つの流れにそって、最期の準備を進めていきましょう。

姿勢を正してあげましょう

最初におこなうのが「姿勢を正してあげる」ことです。亡くなった時から死後硬直が始まるので、放っておくと足がその形のまま硬直してしまいます。そうなってしまうと安置する際に入らずに困ってしまうので、体の内側へ折り込むように優しく丸めてあげましょう。

場合によっては、目や口が開きっぱなしになっているかもしれません。目は手でそっとかざしてゆっくり閉じ、口は舌が収まっているのを確認したら、紐や布などで口を一時的に縛り、死後硬直まで固定したらほどいてあげるといいでしょう。

からだを清めてあげましょう

次におこなうのが「からだを清める」ことです。毛並みはブラッシングで整え、汚れているなど気になる部分を固く絞ったタオルできれいに拭いてあげましょう。水分がついていると、その部分から腐敗が進むので気をつけてください。
また口やおしりからは体液や汚物が出てくることもあります。これらもきれいに拭き取った後、脱脂綿を詰めておくと抑えることが可能です。

箱に寝かせてあげましょう

地面に寝かせておかずに「箱に寝かせる」準備をしましょう。ペット用の棺もありますが事前に用意するのは難しいので、段ボール箱でも問題ありません。まずは箱の一番下に体液が漏れても大丈夫なように「ペットシート」を敷き、そこに愛用していたタオルやお布団、さらにその上にペットを優しく寝かせてあげましょう。

冷却をしましょう

遺体の腐敗を遅らせるためにも「冷却をする」ことが必要です。とくに気温が高い夏場では腐敗の進行がとても早いので、早急におこないましょう。冷却に一番適しているのはドライアイスですが、近くで手に入らない場合は保冷剤をタオルでくるんだもので十分です。

それをおなかと背中、頭の近くに置くことで効果的に冷却できます。保冷剤を定期的に交換することで、3~7日間ぐらいはよりきれいな姿を保てるでしょう。間違っても袋に氷を入れたものや、保冷剤を直接入れないでください。どちらも水分が体につきやすく、そこから腐敗が進んできますのでくれぐれも注意しましょう。

一緒に入れるものを準備しましょう

生前使っていたおもちゃや首輪など、身の回りの物を入れたいと思う方も多いでしょう。葬儀屋さんにもよりますが、フードやお花ぐらいは入れられますが、首輪やおもちゃといったものは基本的に入れられません。またお花も色が濃いものはお骨にうつってしまうので、白色や淡い色のものを選びましょう。

ペット葬儀社と火葬方法を決める

ペットの安置がひととおり済み、落ち着いたら火葬の依頼をしましょう。火葬の方法は大きく2つに分けられるので、どちらにするか決めましょう。

他のペットと一緒におこなう「合同火葬」

「合同火葬」は他のお宅のペットと一緒に火葬するもので、火葬から供養までをすべて霊園や火葬業者にお任せする方式です。火葬には立ち会えず返骨もありませんが、合同墓に埋葬・供養されるので旅立ちは寂しくないでしょう。
費用は安く、供養までの時間も短い点がメリットといえます。

一体ずつ個別におこなう「個別火葬」

自分のペットだけを火葬してもらいたい場合は「個別火葬」をしましょう。個別火葬にはさまざまな方法があり、立ち会いをしたい場合や自宅に訪問しておこなう場合などによって選ぶことが可能です。返骨ができるだけでなく、立ち会いができるものもあるので、ペットとの最期をどんな形で迎えるか決めておきましょう。

ペットが犬の場合は「届け」が必要

亡くなったのが愛犬であった場合に限り、「狂犬病予防法」の決まりで、自治体や保健所に「死亡届け」を提出する必要があります。同時に「犬鑑札」や「予防注射済み票」なども必要になりますので、準備しておきましょう。
血統書付きの場合、登録をしている団体に連絡して返却の手続きもおこないましょう。

まとめ

ペットが亡くなると悲しみが襲ってくるので何も手につかなくなりますが、最期までしっかりと見送ってあげるのが飼い主の務めです。やることが多く大変かもしれませんが、慌てずひとつずつ思い出をかみしめながらおこないましょう。「合同会社ペットメモリアル」では、ご家族の大切なペットを見送るお手伝いをしております。最期のお別れはとてもつらいものですが、ペットにとっての旅立ちでもあるので、しっかりと見送ってあげましょう。

2024年2月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
  • 簡単料金計算フォーム